巨大ではない程度に大きなふせん、ポスト・イットのビッグノートとコクヨの大判ミーティングふせん

大きなふせん 03_ファシリテーション文具案内

プロローグ

あらためて「ふせん」を辞書で調べるとこのように定義されていました。

疑問や注意すべき事柄などを書いてはりつける小さな紙片。また、目印にはる紙。付け紙。不審紙。
出典:デジタル大辞泉(小学館)

本題

一般的に利用される正方形のふせんは、75mm四方の製品が標準的です。ファシリテーションの現場ではこれより大きな75×127mmなど、長方形の製品もよく使われます。『SPRINT』で推奨されているのもこの長方形です。

しかし、75×75や75×127では小さすぎると感じることもままあります。
例えば、このような例が考えられます。

  • グループの人数が多く、一カ所に集まる時に人の輪が大きくなる(小さくて見えない)
  • 書きたい情報量に紙面の大きさが見合わない
    • そもそも情報量が多すぎる
    • 太いマーカーでは字がつぶれてしまう
    • 逆に細いペンで書いた字が離れた場所から見えない

ふせんを使う可視化は情報そのものを動かすことが簡単なので(つまりふせんを移動させるのです)大人数でもぜひ使いたい手法なのですが、適したふせんはそれほど多く売られていません。

ふせんというより、英語の「スティッキーノート」のほうが今回のテーマにふさわしい呼び名かもしれませんね。逆にこの「貼り付けメモ」が日本語にぴったり定着していない背景が気になる。

例えば3Mで大きなふせんと言えばイーゼルパッド。

イーゼルパッドでアウトドアミーティングをしてみませんか:ちょっとしたコツも紹介します
神戸市役所のすぐ隣に広がる都市型公園・東遊園地にイーゼルパッド卓上タイプを持ち込んで、屋外ミーティングを開催しました。いつもと違う場所や空気の中でのミーティングのためのTIPSをご紹介します。

とはいえ、これは大きすぎますね……どちらかというと台紙です。イーゼルパッドをカンバンやKJ法で使うと、天童の人間将棋みたいです(それはそれで面白いかもしれません)。

人間将棋 - Google 検索

3Mではビッグノートという製品も発売しています。

ポスト・イット ビッグノート

ポストイット 強粘着 付箋 ノート イエロー 279×279mm 30枚×1パッド BP11Y
スリーエムジャパン株式会社
¥ 1,226(2019/07/23 22:47時点)

279mm(11インチ)四方の大型ポスト・イットです。

ポスト・イット ビッグノート

プロッキーの太字で書いてもこのくらいのボリュームですので、大きさを実感していただけるでしょうか。おなじみの鮮やかな黄色が映える紙面に、のびのび書くことができます。のびのび書く思い切りを身につけないとね。
しかし30枚入りで2,000円前後するお値段は思い切りを躊躇させてしまいます。イーゼルパッドしかり、米国3Mからの商品は少しお高いのですよね。

正方形のプレーンさは想像力を呼び起こしてくれると私は思いますので、もっと広まるとうれしいですね。需要が高まれば日本法人も価格を見直してくださるかもしれませんので、みなさんどんどん使っていきませんか。

そして、ビッグノートより一回り小ぶりな大きめふせんがコクヨから発売されています。

カウネット 大判ミーティングふせん

「大判ミーティングふせん」という、コクヨのネット販売・カウネット専売品です。

カウネット 大判ミーティングふせん |カウネット
オフィス通販「カウネット」。カウネット 大判ミーティングふせんのページです。150×203mmの大型サイズで大きな文字が書ける大判ミーティングふせん。会議の場で様々な意見を壁に貼って一覧化する時などに便利です。表紙付きだからバッグや引き出しでの保管時も1枚目が汚れにくい!法人会員は1,000円以上、個人は1,500円以...

150×203mmで、A5判とほぼ同じくらいの大きさです。紙の色も目に優しいクリーム系で、こちらが使いやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。

カウネット 大判ミーティングふせん

プロッキーの太字で書くとこのくらいのボリュームです。プロッキーの太いほうを目一杯つかっても余裕がありますね。

模造紙を台紙にすると最大で20枚ほど貼れます。一つのお題で出したアイデアを整理、一覧するのに便利ではないでしょうか。先日そんな使い方をしたのですが、表には出せないのでイメージ図にて。

カウネット 大判ミーティングふせん

お値段も100枚入って734円なので、ばんばん使うことができますね。紙はポスト・イットに比べると少し薄めですから、はがす方向にはご注意ください(糊に平行にはがさないと、クルッと巻いてしまいます)。コクヨのふせんは糊がしっかりしているので、ファシリテーションには使いやすいですよ。

最後に、みんなで背比べ? をしてみました。

大判ふせん比較

工夫次第でいろいろ使える大判ふせんこそ、ファシリテーションのための文具と言えるのではないかなと思います。