マーカー・ペン

03_ファシリテーション文具案内

さすがドイツ、Neulandのマーカーはそもそもエコにできている(替え芯編)

NeulandのBigOne(字幅12mmのステキなファシグラマーカー)も他のマーカーと同様、使い込むうちにペン先(ニブ)がつぶれて扱いにくくなってきます。そこはNeuland、ドイツの会社です。インク・替え芯・キャップ類などなど交換品が充実しています。今回はBigOneのニブ交換を、順を追ってご案内します。
03_ファシリテーション文具案内

「マジックインキ」のファシグラマーカー・「アクアテック」を全色揃えてみました

寺西化学工業の「アクアテック」。柔らかでスムーズな書き味と、チューリップみたいなデザインがステキな水性顔料マーカーです。思い切って(?)全13色そろえてみました。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーもカートリッジと替え芯でエコに使い倒しましょう(カートリッジ編)

前回はプロッキーの替え芯(ニブ)交換の手順について書きました。でも、よく考えたらカートリッジのほうが交換頻度は高いはず……というわけで、今回はカートリッジの交換手順です。軸の細字のほうを回すと、カートリッジを交換できます。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーもカートリッジと替え芯でエコに使い倒しましょう(替え芯編)

愛用のホワイトボードマーカー・パイロット「ボードマスター」の替え芯交換手順は以前お伝えしました。プロッキーもカートリッジや替え芯を交換しながら使っていますので、コツなどをお伝えします。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーやマッキーのカートリッジはメーカー直販で買えますよ!

グラフィックレコーディングなどしているとインクがなくなったくらいで新品を買っているのは資源もお金も置き場ももったいない、という気がして、もっぱらカートリッジでインクを補給しています。ところがこのカートリッジ、あまりお店では売ってないのです。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーがファシグラマーカーのデファクトスタンダードな理由がなんとなくわかりました

「ファシグラにはなぜプロッキーなのか」と聞かれると私はいつも書籍『ファシリテーション・グラフィック』でお勧めされているからじゃないかな、と適当に答えてきましたが、おぼろげながらその理由が見えてきたような気がしてきました。
03_ファシリテーション文具案内

スケッチノートや小さなグラフィックにおすすめ:ステッドラー ピグメントライナー(斧型)

いわゆるスケッチノートに向いた主線用のペンは何か、という話題です。その名も「ステッドラー ピグメントライナー(斧型)」。一般的なミリペンは丸芯と筆ペンだけがラインナップされていることが多いですが、このピグメントライナーには平芯が用意されているのです。
03_ファシリテーション文具案内

パイロットのホワイトボードマーカー・ボードマスター極太を全色揃えました

あまり使わないかも、と思っていたパイロット・ボードマスター極太ですが、全色そろえてしまいました。大きめのホワイトボード全面を使うときにとても威力を発揮します。使い方のコツもご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

水拭きで消せるマッキー:フレームワークの練習に使えるかも?

ガラスやプラスチックなどのつるつるした面に書くと、ぬらした布やウェットティッシュなどで拭き取ることができる水拭きで消せるマッキー」。ファシリテーショングラフィック的にどうなのか、紙とホワイトボードで調べてみました。
03_ファシリテーション文具案内

寺西化学工業のアクアテック:ファシグラマーカーはプロッキーだけじゃありませんよ

「?」マークのマジックインキでおなじみの、寺西化学工業。水性マーカーといえばラッションペンというイメージでしたが、ちゃんと水性顔料マーカーもラインナップされていました。「アクアテック ツイン」は独特の個性ある書き味のファシグラマーカーです。