BLOG ファシリテーション文具案内

03_ファシリテーション文具案内

Sparkle! Metallic! Neuland 2018新作のメタリックマーカーはかなりトリッキー

EuViz2018で発表されたNeulandの新作、もう一つ目を引いたのは「Metallic」。その名のとおり不透明でキラキラする顔料入りの水性インクです。繊細なインクですが黒い紙に映えること抜群。どのように使っていきましょうか?
03_ファシリテーション文具案内

Neuland新製品2018:あえて「肌色」と言おう、スキントーンの「Friends」

かつて「肌色」と言われていた色は、今は「うすだいだい」「ペールオレンジ」などと呼ばれています。肌の色はみんないろいろなんだから、あの色だけ「肌」なのはおかしいだろうということで。そんな時代にNeulandがスキントーンに特化したインクを出してきました。
03_ファシリテーション文具案内

デンマークでEuViz2018に参加して毎日Neulandで買い物してました

7/31〜8/2にデンマークで開催されたVisual Practitinerの世界カンファレンス「EuViz2018/IFVP conference 2018」に参加してきました。No.OneスポンサーであるNeulandの特設ショップは最高でした。
03_ファシリテーション文具案内

グラフィックレコーディングの下書きにパステル色鉛筆「スタビロ カーブオテロ」

グラフィックレコーディングに下書きは必要ありませんが、イベントなどではある程度絵として整った画面を必要とする場合もあるので、ざっくりとアタリを取ることがあります。そんなときに便利なのがパステル色鉛筆です。
03_ファシリテーション文具案内

昔のプロッキーのほうがファシリテーション的にはいいんじゃないか説

ファシリテーショングラフィックのセミナーなどに行くと必ずといっていいほど強調されるのが「プロッキーは太い方で書く」ということです。太字で書く方がだんぜん見やすいからです。では、細字のほうがついていなければいいのでは。昔はそんな素敵なプロッキーが売られていました。
03_ファシリテーション文具案内

海外のホワイトボードマーカーがカラフルな理由、わかったかも? EXPO Dry Erase Marker

ホワイトボードマーカーは英語で「dry erase marker」といいます。から拭きで消えるマーカーくらいの感じでしょうか。本エントリでご紹介するのはアメリカの「EXPO」という、SharpieとおなじくSanfordのブランドのホワイトボードマーカーです。
03_ファシリテーション文具案内

モバイルホワイトボードの専用マーカーってどんな感じ? 付属品のほうがいいの?

ノートタイプで持ち運べるモバイルホワイトボード「nu board」と「Butterfly Board」の付属ホワイトボードマーカーについてまとめてみました。一般的なホワイトボードマーカーに比べて細字が要求されるモバイル用、どんな製品がよいのでしょうか。
03_ファシリテーション文具案内

「ファシリテーターの殿堂」、まじファシリテーターの殿堂(語彙力)

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズさん赤坂新オフィスお披露目、「ファシリテーション文具案内」目線でお送りする第二弾です。War RoomからShow Roomへ、その「饒舌なオフィス」とは?
02_実績紹介

「ファシリテーターの殿堂」な新オフィスお披露目座談会に登壇したらカオスで最高でした

昨秋、ファシリテーション文具/設備選定のお手伝いをしたケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズさんの新オフィスが完成し、お披露目座談会になんと登壇者として呼んでいただきました。スピーカー三者三様のファシリテーション哲学に触れる、カオスな夜でした。
03_ファシリテーション文具案内

Neuland大量購入でFedEx利用になったパターンの話、と創業50周年

Neulandの購入について。大量に買い込んだときは配送が「FedExでのお急ぎ便」になってしまいました。どのような条件のときにFedExになるのかはっきりしないのですが、国際郵便小包とは少しプロセスが異なりますので参考までにメモしておきます。
タイトルとURLをコピーしました