BLOG ファシリテーション文具案内

03_ファシリテーション文具案内

あなたはホワイトボードマーカーのキャップをペン軸の後ろにさす派? ささない派?

ぺんてるのホワイトボードマーカー『ノックル ボードにフィット』は利用時にキャップをペン軸の後ろに差しておくのが正しい使い方のようです。ホワイトボードマーカーのキャップは使用中どのようにしておくのがスタンダードなのでしょうか?
03_ファシリテーション文具案内

ワークショップ、参加者ひとりひとりに渡すマーカーは何がいいのか問題

ワークショップで参加者一人に一本ペンを配ることがあります。ほんとうはプロッキーをお配りできればいいのですが、お財布事情でそうも行かないこともよくあります。そんなときの強い味方、「ぺんてるサインペン」と「ラッションペン」をご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

ホワイトボードマーカーなのにツインマーカー、サクラクレパスにあります

ホワイトボードマーカーって、意外とツインマーカーがありません。サクラクレパスのツインホワイトボードマーカーは、おそらく大手メーカーで唯一のツインマーカーなのではないかと思います。使ってみた感想をご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

パイロット「ボードマスター」グローバルモデルからみる世界ホワイトボード事情

マレーシアでは日本メーカーの文具が多く売られており、おなじみのものがたくさん並んでいます。しかし扱われているのはほとんどがグローバルモデルで、ちょっと見慣れないものもあるのです。その中でも目を引いたのはおなじみのパイロット・ボードマスターでした。
03_ファシリテーション文具案内

Neulandのマーカーを買ったので気づいたことを書いてみる

ドイツのワークショップ用品メーカー「Neuland(ノイラント)」。2回購入+1回キャンセルすると、なんとなくプロセスも見えてきます。「購入したいけど、海外通販がよくわからなくて……」と躊躇している方に向けて「購入経験から得た個人的気づき」を共有したいと思います。
03_ファシリテーション文具案内

第62回 神戸オフィスフェア(2017年)に行ってきました

2017年、第62回を迎える神戸オフィスフェアは1月26日(木)に三宮の神戸サンボーホールで開催されました。今年もいそいそ駆けつけましたのでファシリテーション文具目線でレポートします。
03_ファシリテーション文具案内

万年筆はステキなコミュニケーション文具だけどファシリテーション文具ではないなあという話

ワークショップや勉強会に参加すると、万年筆でノートをとっている方によく出会います。万年筆、つるつる書けて快適なんですよねえ。でも、メンバーに見せ合う用途でA4の紙やふせんに何かを書き込むときは用意されているマーカーを使い、万年筆は避けてください。
03_ファシリテーション文具案内

ホワイトボードマーカーはどのぐらいカラフルであるべきか:Neulandのホワイトボードマーカー13色

日本国内でふつうに流通しているホワイトボードマーカーは黒・赤・青・緑・橙の5色。ただ、世界に目を向けてみるとホワイトボードといえどももう少しカラフルなようです。Neulandも13色ものホワイトボードマーカーを販売しています。
03_ファシリテーション文具案内

【書評】『ふせんの技100』

「ふせん評論家・手帳評論家」舘神龍彦氏の新刊『ふせんの技100』。さまざまな種類のふせんを取り上げ、ベーシックな使い方から「その発想はなかった!」というアイデアまで100連発で紹介する本です。これは、自称・ファシリテーション文具エバンジェリストはチェックせねばなりません。
03_ファシリテーション文具案内

Eテレでデーモン閣下とふせんの使い方を学ぼう:『しまった!』はWebでも見られます

「ふせんの使い方を教えてくれるEテレの番組がある」と聞いてさっそく調べてみましたら、デーモン閣下がアクティブラーニングの進め方を伝授してくれていました。ふせんの使い方だけではなく、フレームワークまで教えてくれてしかもコンパクトにまとまっています。