紙・ふせん

03_ファシリテーション文具案内

巨大ではない程度に大きなふせん、ポスト・イットのビッグノートとコクヨの大判ミーティングふせん

あらためて「ふせん」を辞書で調べると「小さな紙片」との定義が目に付きます。しかし、ファシリテーション文具として使うときにはその小ささで使いにくさを感じることもあるかもしれません。そんなときにお勧めなのが、ほどよく大きめのふせんたちです。
03_ファシリテーション文具案内

万年筆はステキなコミュニケーション文具だけどファシリテーション文具ではないなあという話

ワークショップや勉強会に参加すると、万年筆でノートをとっている方によく出会います。万年筆、つるつる書けて快適なんですよねえ。でも、メンバーに見せ合う用途でA4の紙やふせんに何かを書き込むときは用意されているマーカーを使い、万年筆は避けてください。
03_ファシリテーション文具案内

【書評】『ふせんの技100』

「ふせん評論家・手帳評論家」舘神龍彦氏の新刊『ふせんの技100』。さまざまな種類のふせんを取り上げ、ベーシックな使い方から「その発想はなかった!」というアイデアまで100連発で紹介する本です。これは、自称・ファシリテーション文具エバンジェリストはチェックせねばなりません。
03_ファシリテーション文具案内

Eテレでデーモン閣下とふせんの使い方を学ぼう:『しまった!』はWebでも見られます

「ふせんの使い方を教えてくれるEテレの番組がある」と聞いてさっそく調べてみましたら、デーモン閣下がアクティブラーニングの進め方を伝授してくれていました。ふせんの使い方だけではなく、フレームワークまで教えてくれてしかもコンパクトにまとまっています。
03_ファシリテーション文具案内

イーゼルパッドでアウトドアミーティングをしてみませんか:ちょっとしたコツも紹介します

神戸市役所のすぐ隣に広がる都市型公園・東遊園地にイーゼルパッド卓上タイプを持ち込んで、屋外ミーティングを開催しました。いつもと違う場所や空気の中でのミーティングのためのTIPSをご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

クラフト紙にファシリテーショングラフィック:マーカーの発色は気になるよね?

ワールドカフェなど、参加者にどんどん落書きしてほしい時は茶色みのあるクラフト紙を使うとどんどん書かれるという仮説があるそうです。ならば、クラフト紙をにもっとも使いやすいマーカーは何でしょうか。実際に書き比べをして調べてみました。
03_ファシリテーション文具案内

100円ショップ模造紙【セリア編】レアキャラなのかも&100円模造紙総括

セリアの模造紙はプライベートブランド商品で、フルサイズ(四六判・788×1091mm)が4枚入って売られています。薄いとはいえ、水性顔料マーカー(いわゆるファシグラマーカー)で書く限りは裏抜けすることはありませんでした。
03_ファシリテーション文具案内

「えんたくん」の用紙が茶色なのには意味がある(のかもしれない)

「えんたくん」という、ワールドカフェなどの対話型ワークショップでよく利用されるツールがあります。落書きは「えんたくん」の形に合わせて作られている無地のクラフト紙に描き込みます。初めて見たときは書く面が茶色なことに驚きましたが、どうやらこの茶色がいいらしいです。
03_ファシリテーション文具案内

色のクセが強い:アメリカでポストイットを買った話

マンハッタンのオフィス街ど真ん中の事務用品店でファシリテーション文具を探しましたが、あまり思うような商品には出会えませんでした。そんな中で購入したダイカットのポスト・イットをご紹介します。なかなか色のクセが強い個性派です。
03_ファシリテーション文具案内

台湾でファシリテーション文具を探してみた:ふせん編(便利貼系列)

台湾ファシリテーション文具探索でテンション上がったのはなんと言ってもふせん! 3Mのポスト・イット! ダイカットものがとっても充実しているのです。見に行ったお店では70〜80品目くらい並んでいるうち、8割くらいは3Mのポスト・イットじゃないかしらというボリュームでした。