クラフト紙にファシリテーショングラフィック:マーカーの発色は気になるよね?

クラフト紙にファシグラ 03_ファシリテーション文具案内

以前「えんたくん」に関連して、こんな記事を書きました。

「えんたくん」の用紙が茶色なのには意味がある(のかもしれない)
「えんたくん」という、ワールドカフェなどの対話型ワークショップでよく利用されるツールがあります。落書きは「えんたくん」の形に合わせて作られている無地のクラフト紙に描き込みます。初めて見たときは書く面が茶色なことに驚きましたが、どうやらこの茶色がいいらしいです。

クラフト紙を使うと、ファシリテーショングラフィック(特に、ワールドカフェの落書きなど)が捗る! みんなが気軽に書いてくれる! という仮説です。

じゃあクラフト紙を導入してみようか、と思ったときに、文具系ファシリテーター(何それ)として気になるのはマーカーの発色です。今日は「クラフト紙に適したファシグラマーカーは何?」がテーマです。

今回用意したクラフト紙はセリアで売られている包装紙。いろいろな色調があるクラフト紙ですが、色の濃さは薄すぎず濃すぎず、だいたい中間くらいかと思います。えんたくんの用紙はもう少し色が薄かったように記憶しています。

セリアのクラフト紙

この用紙に、国産ファシグラマーカー4種で書き比べしてみました。

全体比較

クラフト紙にファシグラ

各マーカーの拡大

プロッキー

クラフト紙vsプロッキー

紙用マッキー

クラフト紙vs紙用マッキー

ゼブラ 水性ペン 紙用マッキー 10色 WYT5-10C
ゼブラ(ZEBRA)
¥ 1,053(2019/06/26 08:57時点)
アクアテックツイン

クラフト紙vsアクアテックツイン

マジック 水性ペン アクアテック 12色 MAQ50C-12
寺西化学
¥ 1,225(2019/06/27 13:27時点)
ピグマックスツイン

クラフト紙vsピグマックスツイン

サクラクレパス 水性ペン ピグマックスツイン 12色 ZPK-T12
サクラクレパス
¥ 1,350(2019/07/06 06:48時点)

総評

もっとも発色がよいのは、紙用マッキーのように思えます。色が沈んでしまわない。プロッキーは透明感が強い分、背景色に負けてしまっています。発色がはっきりしているイメージのアクアテックツインは意外に沈んでしまう色(水色など)もあったりして。インクの世界は奥深いですね……。

もちろん、ピグマックスツインは不透明調ですから使い勝手はばつぐん。ピグマックスの白はクラフト紙のために! とも言えるかも(?)。黄色は意外と見づらいですが、どのマーカーも黄色は大差ないので紙の色が影響していると思います。

ワークショップでみんなに書いてもらうという時には紙用マッキー、グラフィックレコーディングするならそれにプラスしてピグマックスツインがベストな組み合わせかな、これが今の考え方です。

https://www.xn--zdk4ayc8078a.net/products/detail.php?product_id=39
この項目は、2016年9月12日に旧ブログで公開した記事に加筆修正したものです。