ISOT2017:「はにかむ」が(個人的)ファシリテーション文具大賞だ!

エポックケミカル はにかむ 03_ファシリテーション文具案内

文具ファンには「ISOT」という名で知られるおなじみの展示会「第29回国際文具・紙製品展」が去る7/5〜7日に東京ビッグサイトで開催されました。

ISOT - 【国際】文具・紙製品展 | リードエグジビションジャパン
文具・紙製品・オフィス用品の日本最大の展示会です。毎年、国内はもちろん、海外の文具、オフィス用品の有力バイヤーと活発な商談を行うことができます。

この催しはメーカーとバイヤーなどを結ぶ商談会で、文具業界の人ではない私は本来入場できません。しかし今年は「文具PRサポーター」と称してブロガーを招待してくださる企画があり、この枠で参加してきました。

ISOT2017 インフルエンサー枠

どうやら私、インフルエンサーらしいです(100均模造紙とかNeulandの買い方とか限定的ですけど)

3日間で関連展示会合わせて50000人近くが参加したというこの巨大な展示会、当ブログは徹底的に「ファシリテーション文具」目線で面白いなにかを探してまいりました。

そして早速ですが、個人的な「日本ファシリテーション文具大賞2017」を発表いたします。

エポックケミカル株式会社「マーカーのお家 はにかむ」!(ジャーン)

はにかむ|プラスチックの射出成形加工メーカー
はにかむ|株式会社エポックケミカルでは、プラスチック製のペンやマーカーを中心とした、プラスチックの射出成形品をメーカーです。らくやきマーカーを始めとする自社オリジナル製品や、OEM生産も行っています。国産自社工場で作られる質の高いプラスチック製品は繊細な処理が必要な筆記用具やオリジナルのノベリティグッズなどに最適です。

水性マーカーです。キャップが連結しているためかさばらない、散らからない。立てておくことができる。

エポックケミカル はにかむ

これはワークショップで各テーブルに備えておくマーカーとしてとても便利ではないでしょうか。こども向けとして売るだけではもったいない!

エポックケミカル はにかむ

テーブルにはプロッキーやマッキーの箱をそのまま配ることが多いのですが、実はとても作業の邪魔になります。

プロッキーの配り方

FAJ沖縄サロンではこんな工夫をしています。とはいえ、占有スペースの節約は「立てて置く」にはかないません。この「はにかむ」は丸めて立てることもできるし、広げてコンパクトに収納することもできるし、キャップはなくさないし、かなりよい。しかも、ポップカラーとソフトカラーがそろっており、ソフトカラーにはグレーもセットされているところがいいですよね!

これで平芯があったら最高です。ぜひラインナップして欲しいなあ(と思うファシリテーション目線です)。エポックケミカルさんは「ラップにかけるペン」でよく知られていますが、実はそもそも筆記具や化粧品容器、プラスチック製品などを生産する会社だそうです。OEMも数々手がけられているとのことなので、某社とか某社とかと組んでさらにファシリテーション目線な「はにかむ」も現実味があるような気がする……!

もちろん、「はにかむ」そのもののデザインがとってもかわいい(つやのある軸!)ので独自ブランドで平芯採用する路線で行ってくださったらうれしいです。

他のISOTレポートはこちらもご覧ください。

ISOT2017:UKから黒船来る?「Magic Whiteboard」を試してきました
ISOT2017で、静電気で貼り付ける方式の簡易型ホワイトボード「Magic Whiteboard」を体験してきました。すでに競合品もある分野ですが、はたしてUKからやってきたこの製品はどのようなものでしょうか。
ISOT2017:Magic Whiteboardをじっくり試す。静電気式のふせんについて。
ISOT2017でサンプルをいただいてきた静電気式のホワイトボードになるシート「Magic Whiteboard」。ホワイトボードマーカーで描いたり、住宅の壁に貼ったり、100円ショップの競合品と比べてみたり、いろいろ試しました。
この項目は、2017年7月21日に旧ブログで公開した記事に加筆修正したものです。
タイトルとURLをコピーしました