ILASセミナー 講義録イラストサマリー

ILASセミナー講義録 02_実績紹介

京都大学フィールド科学教育研究センター、京都芸術大学、パナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部による共同研究の1回生向けセミナー(ILASセミナー)の講義録、ディスカッションをイラストでサマライズさせていただきました。

リアルタイムでの制作ではないため厳密には「グラフィックレコーディング」とは呼びにくいのですが、グラフィックレコーディングのスキルを応用して概要をまとめました。
講義に参加されたみなさまにはこのイラストを媒体としてより学びを深めること、そして参加していないけれどもテーマに関心のある方に興味を持っていただくためのきっかけとなれば幸いと考え、個人としては新しいジャンルにチャレンジさせていただきました。

一部のイラストを京都大学フィールド科学教育研究センター様のブログで一般公開用に掲載いただいています。

パナソニックとの共同研究その2 – フィールド研の社会連携
パナソニックとの共同研究その3 – フィールド研の社会連携

便宜上「イラストサマリー」と呼んでいますが、例えば録画等を後から描き起こす、こういったものは何と言えば本質が通じやすいのでしょうか……。「グラフィックレコーディング」はリアルタイム性とファシリテーションのツールとしての要素が不可欠なように思いますし、「スケッチノート」では個人用というニュアンスが強いです。「インフォグラフィック」だと個人的にはメタファーなどをうまく使ったデータのダッシュボードなイメージがあり、「グラフィックレポート」というのもなんか違うような気がして……。いわゆるグラレコ的な画風(棒人間など)を使ってはいるが、以前からある情報をわかりやすくまとめたイラストにほかならないような気もします。難しいですね。

 


ビジュアルがあなたの関わる場にプラスになるかもしれない、と思われたらご相談ください。どのような場でも企画段階からご一緒に考えていくことを大切にしています。お見積は無料でお受けしています。

ご依頼の流れ
On Your Markersのビジュアルファシリテーションをご利用いただく際の流れをご説明しています。

タイトルとURLをコピーしました