紙用マッキーもカートリッジでエコに使い倒せますが替え芯は廃盤です

紙用マッキー 替えインク 03_ファシリテーション文具案内

プロッキーと並びカートリッジ交換でエコに使えるファシグラマーカー「紙用マッキー」。こちらもカートリッジの交換方法を書きたいと思います。カートリッジはメーカー直販で購入可能ですが、残念ながら替え芯は廃盤だそうです。

ZEBRA | ゼブラ株式会社 | 本体・替芯のご購入(900円以上送料無料・替芯・部品のみは500円以上無料)
ゼブラ商品の本体を900円以上送料無料(替芯・部品のみは500円以上無料)で1本からご購入

紙用マッキーのカートリッジは2本セットで売られています。2本で162円ですからずいぶんリーズナブルですよね。たくさん使っても大丈夫、な安心感もあります。

ここからは交換方法をご紹介します。

まず、太字のほうのキャップを外して、さらにペン先の部分を取り外します。ペン芯がむき出しになるので周りを汚さないように。

紙用マッキー 替えインク

使い終わったカートリッジは軸の中に入ったままなので、そっと抜き取ります。

紙用マッキー 替えインク

新しいカートリッジのキャップを外します。そして、ペン先のほうに差し込みます。

紙用マッキー 替えインク

紙用マッキー 替えインク

これがプロッキーのカートリッジ交換と大きく違うところなのですが、意外と差しやすい。どちらかというとマッキーのほうがプロッキーよりカートリッジをスムーズに取り替えられる(やり直しが少ない)印象です。周りにインクがつきやすい構造ですが、そのぶん差し込みがやりやすいのかもしれません。

ファシリテーショングラフィック、本気でやるとインクを大量に消費するのでぜひカートリッジも使ってみてくださいね。

この項目は、2016年7月4日に旧ブログで公開した記事に加筆修正したものです。
タイトルとURLをコピーしました