ファシリテーション文具

03_ファシリテーション文具案内

海外ファシグラマーカー事情:あこがれのNeulandを注文しかけた話

ドイツのNeulandというワークショップ用品専門店があります。 ここのマーカーを海外経験のあるグラフィッカーの方が使っていて、そのあまりの発色の良さ・微妙なカラーバリエーションにほれ込んで、海外通販を企てたことがあります。その時の経験をシェアしておきましょう。
03_ファシリテーション文具案内

ファシリテーター必携:手とボードの汚れに万能、ハンドサニタイザー

水性顔料マーカーでファシグラ中に手をインクでべっとり汚してしまうことはありませんか。そんな時のために、私はいつもハンドサニタイザーと化粧用コットンをプロッキーセットの中に入れています。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーと紙用マッキーの色の違いを確認したよ!

プロッキーもマッキーも15色セットですとだいたい同じような色がセットされているのですが、実際に描いた色は同じ緑や黄色といってもずいぶん違いました。 せっかくですので(写真ですが)皆さんにもその違いを見ていただきたいなと思います。
03_ファシリテーション文具案内

黒板でファシグラしてみた:ファシリテーター筆を選ばず?(選ぶと思う)

日本ファシリテーション協会(FAJ)関西支部の運営委員会でファシリテーショングラフィック担当したときのこと。会場にはホワイトボードと黒板が。チョークで黒板にファシグラする時のちょっとした気づきです。
03_ファシリテーション文具案内

3Mさんで夢のようなワークショップを受けてきた:ミーティングソリューション

スリーエムジャパンさんの大阪支店で「ミーティングソリューション」のワークショップに参加させていただきました。ミーティングソリューション、要約すると「3M製品をがんがん使うフレームワークでどんどんアイディア出しちゃおう☆」会議といったところでしょうか。
03_ファシリテーション文具案内

比較してみた:プロッキーvs紙用マッキー・書き味編

日頃ファシグラにはプロッキー15色を愛用している私ですが、このたび紙用マッキーをこれまたどどーんと15色入手いたしました。まずは落書きにて、双方のペンの特徴をご案内いたします。
03_ファシリテーション文具案内

「ぺんてるノックル ボードにフィット」筆ペンっぽいホワイトボードマーカー

ふだんは平芯派ですが、筆ペンのようなホワイトボードマーカーが発売されたと聞いてさっそく入手してみました。もしかしたら、ホワイトボードが苦手な人の救世主になるかもしれません。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキー:スターターは10色セットを買うべし

ファシリテーショングラフィックの世界で、もっともよく使われているマーカーは三菱鉛筆の「プロッキー」ではないでしょうか。では、ファシグラを始めよう、と思ったとき、スターターキットとして適しているのはどのセットなのでしょうか。