ファシリテーショングラフィック

03_ファシリテーション文具案内

ファシリテーション文具2018〜ツールは場へのギフトである

この一年を振り返って、ファシリテーション文具と当ブログの原点を。「書くこと」にまつわる悩みは適切な道具を使うことで半分くらいは取り除けると信じているから、このブログを書き続けています。みんな大好きなツールの話をきっかけに、ステキな、新しいタイプのファシリテーターが増えますように。
01_サービスご案内

ファシリテーション文具についてブログを書いています

会議やワークショップではさまざまな文具を小道具として使います。そんな場面に特化した文具を「ファシリテーション文具」と呼び、あるときは入門者向けに、またあるときはマニアックに、ファシリテーション文具エバンジェリストがご紹介しています。
03_ファシリテーション文具案内

100円ショップ模造紙【セリア編】レアキャラなのかも&100円模造紙総括

セリアの模造紙はプライベートブランド商品で、フルサイズ(四六判・788×1091mm)が4枚入って売られています。薄いとはいえ、水性顔料マーカー(いわゆるファシグラマーカー)で書く限りは裏抜けすることはありませんでした。
03_ファシリテーション文具案内

「マジックインキ」のファシグラマーカー・「アクアテック」を全色揃えてみました

寺西化学工業の「アクアテック」。柔らかでスムーズな書き味と、チューリップみたいなデザインがステキな水性顔料マーカーです。思い切って(?)全13色そろえてみました。
03_ファシリテーション文具案内

プロッキーがファシグラマーカーのデファクトスタンダードな理由がなんとなくわかりました

「ファシグラにはなぜプロッキーなのか」と聞かれると私はいつも書籍『ファシリテーション・グラフィック』でお勧めされているからじゃないかな、と適当に答えてきましたが、おぼろげながらその理由が見えてきたような気がしてきました。
03_ファシリテーション文具案内

パイロットのホワイトボードマーカー・ボードマスター極太を全色揃えました

あまり使わないかも、と思っていたパイロット・ボードマスター極太ですが、全色そろえてしまいました。大きめのホワイトボード全面を使うときにとても威力を発揮します。使い方のコツもご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

 『総合診療医 ドクターG』をファシグラ番組と思って見ています

NHK総合で水曜夜に放送されている『総合診療医 ドクターG』のホワイトボード。字と矢印と、時々フレーム。ポイントだけに赤字を使う程度のシンプルなホワイトボードはファシグラの本質だなと思って見ています。
03_ファシリテーション文具案内

水拭きで消せるマッキー:フレームワークの練習に使えるかも?

ガラスやプラスチックなどのつるつるした面に書くと、ぬらした布やウェットティッシュなどで拭き取ることができる水拭きで消せるマッキー」。ファシリテーショングラフィック的にどうなのか、紙とホワイトボードで調べてみました。
03_ファシリテーション文具案内

100円ショップ模造紙【キャンドゥ編】フルサイズ4枚入り!

100円ショップの模造紙について調べている方が当ブログには多く訪問されるようです。ということで、100均業界3位・キャンドゥの模造紙についてご紹介したいと思います。キャンドゥの白無地模造紙は、フルサイズ(788×1091mm)のものが4枚パックされています。
03_ファシリテーション文具案内

寺西化学工業のアクアテック:ファシグラマーカーはプロッキーだけじゃありませんよ

「?」マークのマジックインキでおなじみの、寺西化学工業。水性マーカーといえばラッションペンというイメージでしたが、ちゃんと水性顔料マーカーもラインナップされていました。「アクアテック ツイン」は独特の個性ある書き味のファシグラマーカーです。