グラフィックレコーディング

02_実績紹介

留学生交流行事ワークショップでのグラフィックレコーディング

留学生の交流行事をグラフィックレコーディングでお手伝いいたしました。みなさん日本語や英語を操るとはいえ、母語以外での高速ブレスト。ワークショップを円滑に進められるよう、プログラムの流れや指示をビジュアルで明確に示すことに注力しました。
02_実績紹介

ビジュアルファシリテーションフォーラム2017に登壇しました

2017年10月22日(日)、東京で開催された「ビジュアルファシリテーションフォーラム」のテーマセッションでお話する機会をいただきました。地域や人を育てるという話にとどまらず、ビジュアル言語の功罪についても話が広がる、たいへん深い時間を過ごすことができました。
02_実績紹介

TEDxKobeに協力しています

2016年よりTEDxKobeにグラフィックレコーディング/ビジュアルファシリテーションで協力しています。コミュニケーションのための仕掛けとして、TEDxKobeスタッフのみなさんと一緒にグラフィックレコーディングの可能性を追求していきます。
02_実績紹介

アーバンデータチャレンジ2017 奈良ブロック キックオフミートアップ

「アーバンデータチャレンジ2017 奈良ブロック キックオフミートアップ」でグラフィックレコーディングを担当しました。鎌倉からカマコンバレーの皆さんをお迎えし、奈良ゆかりのCode for団体を中心に「カマコン式ブレスト」を体験しました。
03_ファシリテーション文具案内

NeulandのBigOneはキャップの開け方にコツがあります

ドイツのファシリテーション用品ショップNeuland(ノイラント)。中でも最大字幅12ミリのマーカー「BigOne」はグラフィックレコーディングには欠かせないアイテムです。そのBigOne、実はキャップの開け方にコツがあります。
03_ファシリテーション文具案内

描く環境に合わせてちょっと工夫しておくこと:マーカーにラベルを貼っています

プレゼンテーションイベントなど会場の照明を落とす場面でのグラフィックレコーディングでは、マーカーの色を区別できなく困ることがあります。少し手間ではありますが、色名を書いたラベルシールをマーカー一本一本に貼っておくと現場でとても役立ちます。
03_ファシリテーション文具案内

ホワイトボードにクレヨンの味:キットパス ホワイトボード用

日本理化学工業の「キットパス」にホワイトボード用が仲間入りしました。オリジナルのキットパスもホワイトボードに書いて消せるそうですが、こちらはマイクロファイバークロスを使ってから拭きで消せるそうです。どんな用途に向いているか、試してみました。
02_実績紹介

「グラフィックレコーディング体験セミナー」のグラフィックレコーディング

さる6月15日、大阪イノベーションハブで開催された「グラフィックレコーディング体験セミナー」の様子をグラフィックレコーディングすること。 セミナーはランドスケープなど、時系列がわかりやすい形式で記録することで学びの振り返りが容易になります。
03_ファシリテーション文具案内

模造紙を壁に貼る:マスキングテープについて考えよう

ファシリテーショングラフィックの模造紙を壁に貼るのには、養生テープがよく使われます。養生テープは安定して掲示できますが、貼った紙からテープを剥がすのはたいへん。そこで、紙からも剥がしやすいマスキングテープのファシリテーション向け製品をご紹介します。
03_ファシリテーション文具案内

サクラクレパスのピグマックスツイン:不透明インクでファシリテーショングラフィック

ファシリテーショングラフィックに向いた水性顔料マーカーはプロッキー、紙用マッキー、アクアテックとも透明水性で色合いのバリエーションがそれほど異なるものではありません。もう少し淡い色合いのマーカーはないかと探していたところ、サクラクレパスのピグマックスツインを見つけました。