ワークショップ

03_ファシリテーション文具案内

トーキングオブジェクト、使っていますか? 効果的に使えますか?

ワールドカフェなどの対話メソッドでよく使われる「トーキングオブジェクト」というツールをご存じでしょうか。発言をする人はそのオブジェクトを手に取り、発言が終わったら他のメンバーが持てるように元の位置に置きます。オブジェクトを持っているときだけ発言できる、他の人はその話をしっかり聞くというルールで対話を進めます。
01_サービスご案内

ワークショップ

ワークショップは当方のグラフィックレコーディング、ビジュアルファシリテーションのご利用経験がある方限定のサービスです。ご自身の目的や場に合ったワークショップを開催するためには、事前に経験していただくことが必須と考えています。
01_サービスご案内

ファシリテーション文具についてブログを書いています

会議やワークショップではさまざまな文具を小道具として使います。そんな場面に特化した文具を「ファシリテーション文具」と呼び、あるときは入門者向けに、またあるときはマニアックに、ファシリテーション文具エバンジェリストがご紹介しています。
02_実績紹介

留学生交流行事ワークショップでのグラフィックレコーディング

留学生の交流行事をグラフィックレコーディングでお手伝いいたしました。みなさん日本語や英語を操るとはいえ、母語以外での高速ブレスト。ワークショップを円滑に進められるよう、プログラムの流れや指示をビジュアルで明確に示すことに注力しました。
02_実績紹介

グラフィックを使ってハーベスティングを学ぶ基礎講座

「グラフィックを使ってハーベスティングを学ぶ基礎講座」を一般社団法人 サスティナビリティ・ダイアログとの共催で開催しました。梯さんのホストする場は和やかに描くことを楽しみつつ、何がもっとも大事なことなのかを常に忘れない一日になりました。
03_ファシリテーション文具案内

万年筆はステキなコミュニケーション文具だけどファシリテーション文具ではないなあという話

ワークショップや勉強会に参加すると、万年筆でノートをとっている方によく出会います。万年筆、つるつる書けて快適なんですよねえ。でも、メンバーに見せ合う用途でA4の紙やふせんに何かを書き込むときは用意されているマーカーを使い、万年筆は避けてください。
02_実績紹介

ホワイトボードマーカーを使い倒すワークショップを開催しました

さる8/27、大阪のフューチャー・ファシリテーション・カフェでホワイトボードマーカーを使い倒すワークショップを開催しました。ファシリテーション文具を楽しみつつファシリテーショングラフィックやってみる会は、たぶん界隈初のアプローチ。
02_実績紹介

「グラフィックレコーディング体験セミナー」のグラフィックレコーディング

さる6月15日、大阪イノベーションハブで開催された「グラフィックレコーディング体験セミナー」の様子をグラフィックレコーディングすること。 セミナーはランドスケープなど、時系列がわかりやすい形式で記録することで学びの振り返りが容易になります。
03_ファシリテーション文具案内

Neulandからカタログが送られてきてました

Neulandからカタログが送られてきてました。このカタログが、とっても立派な代物で。最大限譲歩して「見込み客」というステータスなのにこの立派な冊子を国際便で送りつけてくるとは……。
02_実績紹介

ファシリテーショングラフィック講座(徳島)共同開催

しこくソーシャルデザインラボさま主催の「ファシリテーショングラフィック講座」で玉有朋子さん、石橋知晴さんとともに講師を務めました。徳島周辺でファシリテーションやファシリテーショングラフィックに興味のあるかた20名ほどで、アットホームな雰囲気のなか描くこと、書くことを楽しみました。