神戸の未来を創る300人のBE KOBE会議

bekobe300_01 02_実績紹介

神戸市と神戸新聞社の共催による「神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議」にボランティアスタッフとして参加しました。企画段階から日本ファシリテーション協会(FAJ)の有志がボランティアとしてプログラムデザインに参画し、私も地元ということでうれしくお手伝いしました。

神戸市:神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議
神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議

会場は「ラ・スイート神戸 オーシャンズガーデン」。結婚式場としても利用される、オープンしたばかりの会議場はなんともゴージャス。気分があがりますね。

bekobe300_02

bekobe300_03

さて、私はFAJメンバーとして小グループのテーブルファシリテーターのほか、グラフィッカーも担当しました。
最初に集まったグループで考えた「神戸の都心でやりたいプロジェクト」アイデアをもとにして、さらに具体的なアクションプランを考えるこのワークショップ。具体的アクションを考えるのに必要なのは、最初のグループで作ったプロジェクト名の一覧表。その場で生まれるものなので、あらかじめ用意することはできません。アイデアシート(紙)を回収してスライドに転記、プロジェクターで投影しますが、万が一の補完としてホワイトボードにも転記することにしました。そこで速書き自慢の不肖私がその担当に、というわけです。

もちろん、300人も収容する大会場。ホワイトボードは小さすぎて見えないし、ほんの補完に過ぎないと思っていたのですが。PowerPointが不調で、ホワイトボードに書き出す文字をビデオカメラで撮り、会場のスクリーンに映し出すことになってしまいました。万が一、起こるものです。
総勢50件ほどの膨大な情報量でしたが、読み上げがラジオ関西アナウンサー・池田奈月さんのプロのお仕事で助けられ、ほぼ問題なく書き取れたかと。

bekobe300_04

事務局側の感想に「手書きのほうが皆さんを引きつけるのでは?」という意見もあったほど、皆さんにしっかり見ていただけてありがたい限りです。スライドが表示されてもホワイトボードのほうに来てくださる方多数でした。

ファシリテーターとしては未熟さを痛感しましたが(もちろん、グラフィッカーとしてもまだまだ修行は続くのですが)ホワイトボードを指さしていただくことがグラフィッカーの喜びです。今後も、話し合い当事者のサポートになるグラフィックを探求していきたいと思います。


On Your Markersでは目的に合わせたビジュアルファシリテーションサービスをご提案しています。
まずはフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム