台湾でファシリテーション文具を探してみた:ホワイトボードマーカー編(白板筆系列)

2016_tw_wb_marker01 03_ファシリテーション文具案内

台湾でファシリテーション文具を探す旅。前回は「ファシリテーショングラフィック向きの水性顔料マーカーが店頭にない!」ことについて書きました。

台湾でファシリテーション文具を探してみた:紙用マーカー編(麥克筆系列)
連休を利用して台湾に旅行してきました。台湾の文具の充実ぶりは日本の文具ファンにもよく知られていますが、ファシリテーション文具目線ではどうでしょう?まずはプロッキー的なファシグラマーカーを探してみました。

反面、ホワイトボードマーカーはなかなか充実していたように思います。今日は「白板筆系列」、ホワイトボードマーカーについて書きます。

日本メーカー強し

多くの店頭でぱっと目を引いたのは、なんと言ってもパイロットのボードマスターでした。下記はパイロット台湾事業所のサイトです。

嘜克筆/白板筆/油漆筆-商品櫥窗-百樂Pilot World 百樂就是好筆
百樂商品櫥窗>嘜克筆/白板筆/油漆筆>可換卡水白板筆/替芯,提供您可換卡水白板筆/替芯的詳細內容。

続いてサクラクレパスをよく見かけました。日本のメーカー強いです。
サクラクレパスの製品は「白板マーカー」のような金属軸のもの。軸にシールを貼っているだけじゃなくて、ちゃんと現地仕様の商品になっていました。

ご参考:サクラ白板マーカー

家庭で使うホワイトボードマーカー、サクラ白板マーカー?それともパイロット?伝統の一戦ここにあり!
リビングにホワイトボードシートを貼ってスケジュール管理をされている方から、サクラ白板マーカーの匂いが強すぎて困っているというご相談を受けました。そこで、家庭で使うホワイトボードマーカーは何が一番いいのか?考えてみました。

台湾の会社では総合筆記具&画材メーカー「雄獅鉛筆」のブランド、SIMBALIONをよく見かけました。

雄獅鉛筆廠股份有限公司:各式辦公文具用品、專業美術畫材
SIMBALION雄獅鉛筆目前產品以學校用品、辦公文具用品、美術用品、新潮文具及奶油獅肖像授權等,以多角化經營品牌、通路及國際代工市場,雄獅鉛筆跨越不同世代,伴隨著學子們成長。

下のリンク先のような商品がよく売られていた気がします。「環保」とは「エコ」のことです。

雄獅鉛筆廠股份有限公司:各式辦公文具用品、專業美術畫材
SIMBALION雄獅鉛筆目前產品以學校用品、辦公文具用品、美術用品、新潮文具及奶油獅肖像授權等,以多角化經營品牌、通路及國際代工市場,雄獅鉛筆跨越不同世代,伴隨著學子們成長。

それから、中国製の「TOMATO」というのも発見。
カートリッジ式で、軸のデザインがボードマスターそっくりさん。
ボードマスターが38元なのに対し、こちらは25元で売られていました。13元あれば安いキャンディくらい買えちゃう。ちょっとしたものです。インクの質は謎です。買ってないので写真もなしです。

ともかく、細めの字幅が中心ではありますが、ホワイトボードマーカーはかなり充実している印象でした。

ペン先問題

ところで、今回店頭で見かけたマーカーのペン先はすべて丸芯でした。
台湾ではボードマスターは丸芯しかラインナップされていないんですよね。SIMBALIONも極太以外はすべて丸芯だし、どうやら平芯は分が悪そう。
やっぱり繁体字は丸芯のほうが書きやすいんでしょうか。細字メインだしね。
ステッドラーのホワイトボードマーカーは台湾でも平芯が売られているようですが、お店では見かけられず。写真は丸芯です。

2016_tw_wb_marker02

今回メインで調査したお店はこちら、金興発生活百貨。中山地区では定番のなんでもショップです。
(ただし、ステッドラーは置いていません)

金興発生活百貨(南西店)
金興発生活百貨(南西店) 台湾ローカル愛用の何でも屋さん。台湾的みやげ物ならココへ!

ステッドラーのマーカーは丸芯を全色購入してきましたので、別記事でレビューします。

この項目は、2016年5月11日に旧ブログで公開した記事に加筆修正したものです。
タイトルとURLをコピーしました